e地産地消

白なす

白なす

名称 白なす
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena
外国語名 Eggplant
生産地 遊佐町
収穫地域情報 白なすはフランスから導入したが、露地栽培になじまず、遊佐町ではハウス栽培をしている。
別名 遊佐のおじょうさん、シルクナス
歴史背景 1997年の道の駅「鳥海ふらっと」の開設に際し、野菜の目玉商品を探したことをきっかけに、1998年に「鳥海ふらっと」内の青果物直売組合「ひまわりの会」で試作、翌年から栽培が広まった。
時期 7月〜9月
特徴 フランス在来のなすで、真っ白い皮をしている。皮がやや固く、油を使った料理に向く。
料理名 炒め物、なすのミートソース、グラタン、天ぷら、白なすとみょうがの塩もみなど。
選び方 できるだけ皮が滑らかで傷がないものを選ぶ。ヘタがピンとしているものの鮮度が良い。
保存方法 新聞紙で包み、冷暗所に保存する。なるべく早く食べ切る。
栄養 食物繊維が豊富。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。