e地産地消

外内島きゅうり

外内島きゅうり

名称 外内島きゅうり
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 ウリ科キュウリ属
学名 Cucumis sativus
外国語名 Cucumber (英)、concombre (仏)
生産地 鶴岡市外内島地区
歴史背景 弘法大師が出羽三山に向かう途中、外内島きゅうりで喉の渇きを癒やしたと言い伝えられている。昔は鶴岡市で栽培するきゅうりといえば、外内島きゅうりだったが、栽培に手間がかかることから生産農家が減っていった。近年、山形県や山形大学農学部などでも、絶やさないための取り組みを行っている。また、庄内を食の都として発信するイタリア料理シェフ、奥田政行氏などが高く評価し、注目されている。
時期 6月下旬〜7月末
特徴 普通のきゅうりよりずんぐりした形の在来野菜。極めて薄い皮で、かじるとパリッとした食感。苦味とほのかな甘味がある。
料理名 塩漬け、ピクルス、なます、炒め物など。
選び方 イボが尖っているものを選ぶ。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 カリウムが多い。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。