e地産地消

赤飯ささぎ

赤飯ささぎ

名称 赤飯ささぎ
都道府県名 山形県
区分 豆類
分類 マメ科ササゲ属
学名 Fabaceae Vigna V.unguiculata
外国語名 Cowpea、Black-eyed pea
生産地 鶴岡市旧鶴岡市地区、羽黒地区
収穫地域情報 庄内地方の南部にある鶴岡市。城下町の風情が残る旧鶴岡市地区は、米や多彩や野菜、豆類の栽培が盛んな地域でもあり、2014年度にはユネスコ食文化創造都市に設定された。修験場でもある羽黒山を擁する羽黒地区は、農村地帯でもあり、古くからの赤飯ささぎの産地である。
別名 ささげ
歴史背景 赤飯ささぎは、鶴岡市で古くから栽培されてきた在来作物である。城下町である旧鶴岡市では、小豆を煮ると皮が割れるため切腹に通じる、と忌み嫌われ、皮が固く胴割れしない赤飯ささぎが赤飯を炊く際に使われてきた。
時期 6月〜8月
特徴 莢の長さが20〜30cmと長い在来作物。赤飯に使うときれいなピンク色に染まる。
下処理 多めの水で赤飯ささぎを煮る。赤飯ささぎとゆで汁を分けておく。ゆで汁が冷めたら赤飯ささぎを戻し、よくかき混ぜて一晩置く。
料理名 赤飯など。
栄養 タンパク質、炭水化物、カリウムが豊富。カルシウム、マグネシウム、リンなども含む。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。