e地産地消

白ささぎ

白ささぎ

名称 白ささぎ
都道府県名 山形県
区分 豆類
分類 マメ科インゲンマメ属
学名 Phaseolus lunatus
生産地 旧鶴岡市、羽黒地区
別名 ライマメ、月豆
歴史背景 白ささぎが日本に入ったのは江戸時代と考えられる。旧鶴岡市と羽黒地区では古くから栽培されてきた。
時期 6月〜8月
特徴 10〜15cmの小莢で、豆はそら豆をつぶしたような平たい形をしている。
下処理 白ささぎを軽く洗い、一晩水に漬けておく。鍋で水から煮て、煮立ったら水を取り替える。これを2〜3回くり返す。
料理名 煮豆、シチュー、サラダなど。
栄養 タンパク質、炭水化物、カリウムが豊富。カルシウム、リン、亜鉛などを含む。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。