e地産地消

升田かぶ

升田かぶ

名称 升田かぶ
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica campestris
生産地 酒田市升田地区(八幡地区)
収穫地域情報 升田地区は鳥海山の南麓に位置し、焼き畑栽培で升田かぶを栽培してきた。
別名 カナカブ
由来 カナカブの「カナ」は焼き畑のこと。
歴史背景 来歴は不明だが、少なくとも100年前から栽培されてきた。近年では生産者も2、3軒を残すだけとなり、労力を要する焼き畑での栽培はほとんどなくなっている。2013年に升田地区の有志が、「八幡地域の在来野菜を守り育てる会」を立ち上げ、升田かぶの保存・伝承に取り組んでいる。
時期 10月中旬〜11月
特徴 直径4cm程度、長さ15〜20cm程度の青首ダイコンを小さくしたような形で、根の下部は、やや膨れ、曲がっている。肉質が固く型くずれしにくいため、煮物に適しており、煮るととろけるような食感になる。
料理名 根は煮物、味噌汁、ポタージュ、ピザ、ソテーなど。葉の部分は炒め物や混ぜご飯に。
栄養 葉は緑黄色野菜でβ―カロテン、ビタミンB群、C、E、カルシウム、カリウム、食物繊維を含む。根は淡色野菜でカリウム、ビタミンC、食物繊維を含む。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。