e地産地消

野良だいこん

野良だいこん

名称 野良だいこん
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
学名 Raphanus sativus
生産地 鶴岡市藤島町
収穫地域情報 藤島町は、古くから周辺地域の中心的な町で、江戸時代には宿場町として栄えた。古くからの園芸産地でもある。
別名 ピリカリ大根
歴史背景 藤島町では、1980年代後半から、在来野菜の野良だいこんの栽培に力を入れるようになった。1992年に「ピリカリ大根」の名前で商標登録。
時期 10月中旬〜12月
特徴 野良だいこんは、長さ20〜30cm、太さ10cm、重さが200〜600gと小型の辛味大根で、くさび形の形状をしており、ひげ根が多い。肉質は緻密で繊維質が多い。青首大根の3〜5倍もの野趣あふれる辛さがあり、主にそばの薬味として使われる。すりおろした後に辛味が消えにくい特徴がある。
料理名 そば、ステーキの薬味、焼きだいこんなど。
栄養 ビタミンCを含む。すりおろすと出て来る辛味成分はアリルイソチオシアネート。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。