e地産地消

サクラマス

サクラマス

名称 サクラマス
都道府県名 山形県
区分 魚介類
分類 サケ科サケ属
学名 Oncorhynchus masou
外国語名 Masu salmon、cherry salmon
生産地 酒田市新堀地区など
収獲地域情報 山形県では、県の魚に指定されるほどサクラマスが親しまれている。最上川、赤川などにそ上するサクラマスは春の風物詩だが、特に新堀地区の最上川で漁獲されたサクラマスは川マスと呼ばれ、脂が乗り最高級と言われる。
別名 ホンマス、マス、川マス、イタマス
由来 桜の花が咲く頃に漁獲されることや、成熟した魚体が桜色の婚姻色になることから。
歴史背景 庄内地方では、古くから春の祭りに欠かせない魚とされてきた。1992年に山形県の魚に指定された。近年は環境の変化等により、漁獲量が減ってきている。
時期 4月〜5月
特徴 一般には海に下って大きく成長したものをサクラマス、一生を川で過ごすものをヤマメという。脂がのっていて、味はマス類の中で最高と評価される。
料理名 塩焼きなど。
栄養 カルシウムを含む。ビタミンB1、B2、B12、Dがやや多い。DHAやIPA(EPA)など不飽和脂肪酸を含む。
問い合わせ先 食の都庄内HP
http://syokunomiyakoshounai.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。