e地産地消

倉吉極実スイカ

倉吉極実スイカ

名称 倉吉極実スイカ
都道府県名 鳥取県
区分 果実類
分類 ウリ科スイカ属
学名 Citrullus lanatu
外国語名 Watermelon
生産地 倉吉市
収穫地域情報 鳥取県は全国有数のスイカ産地で、特に倉吉市は爽やかな気候や清涼な水と豊かな土壌に恵まれ、スイカ栽培に適している。通常、スイカは夕顔(かんぴょう)などを台木に接ぎ木しているが、倉吉極実スイカはスイカ本来の味と食感を極めるため、スイカを台木にしている。
由来 スイカにスイカを接ぎ木することから、極めた実を意味する「極実スイカ」と命名。
歴史背景 倉吉市では、35年ほど前から特産品のスイカの研究を始めた。まず実生スイカを育て、そしてスイカにスイカを接ぎ木する現在の栽培方法にたどり着き、2003年に倉吉極実スイカが誕生した。
時期 7月上旬〜中旬、9月上旬〜中旬
特徴 糖度は13度以上。皮が薄くまろやかな味わい。
選び方 皮の模様がはっきりしていて、模様がない部分が膨らんでいるものがよい。
保存方法 丸のままのスイカは冷蔵庫に入れず、風通しが良い冷暗所に保存する。なるべく早く食べきる。
栄養 糖質やβ−カロテン、カリウム、シトルリンなどを多く含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。