e地産地消

砂丘ながいも

砂丘ながいも

名称 砂丘ながいも
都道府県名 鳥取県
区分 いも及びでん粉類
分類 ヤマノイモ科ヤマノイモ属
学名 Dioscorea batatas
外国語名 chinese yam
生産地 北栄町など
収穫地域情報 北栄町は鳥取県中部に位置し、北条砂丘を有する。柔らかな砂丘地は、ながいも栽培に適する。
歴史背景 長芋は1891年頃、埼玉県から導入され、昭和初期までは農家で自家消費されていた。1935年から京阪神市場へ出荷されるようになり、昭和30年代にスプリンクラーの灌漑施設が導入されて、商品栽培が本格化した。
時期 通年
特徴 適度な粘りで、さっぱりした食感が特徴。
料理名 ナマのまま短冊切りし、カツオ節、ポン酢や醤油をかけて食べる。すりおろしてとろろご飯やとろろそばに。かき揚げ。味噌汁、煮物、お好み焼きの具に。
選び方 丸のままのものは、皮にハリがあり、ふっくらとまっすぐ長く伸びたもの。カットされたものは、切り口がみずみずしく、なるべく太いものを選ぶ。
保存方法 丸のままおがくずに入れられているものは、そのまま1カ月は保存できる。むき出しのものは新聞紙に包み、風通しのよい冷暗所に保存する。
栄養 ご飯に比べ低カロリーでカリウム、カルシウム、食物繊維が豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。