e地産地消

伯州美人

伯州美人

名称 伯州美人
都道府県名 鳥取県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium fistulosum
外国語名 Welsh onion (英)、ciboule (仏)
生産地 米子市、境港市、南部町、伯耆町、大山町、日南町、江府町、日野町、日吉津村
収穫地域情報 伯州美人の産地は鳥取県西部で、砂丘地帯、水田平野地帯、中山間地域に分かれている。土壌は平坦地が砂質土、黒ボクが中心で、中山間地は黒ボク土と砂壌土が広がっている。伯州美人は、有機質肥料を中心にし、糖度が8度以上になるよう栽培している。
別名 白ネギ
歴史背景 明治時代中頃から、米子近郊で白ネギ栽培が始まった。大正末期から昭和初期にかけて繭の価格が暴落したのを受け、養蚕用の桑園を白ネギ畑に切り替えていった。そして、1970年に始まった減反政策により、コメからの転換作物としての白ネギ栽培が、一気に盛んになった。
時期 12月〜1月
特徴 伯州美人はもともと、鳥取県西部の在来野菜。軟白部分が太くて柔らかく、甘味が強い特徴がある。
料理名 鍋物、スープ、味噌汁、焼きネギ、煮物、炒め物、薬味として。
選び方 白い部分が締まっていて弾力があり、持ってみて重みを感じるものがよい。
保存方法 ラップに包んで冷蔵庫の野菜室に保存する。
栄養 食物繊維が多い。ビタミンB1、B2、Cを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。