e地産地消

サワラ、サゴシ(未成魚1kg未満)

サワラ、サゴシ(未成魚1kg未満)

名称 サワラ、サゴシ(未成魚1kg未満)
都道府県名 鳥取県
区分 魚介類
分類 サバ科サワラ属
学名 Scomberomorus niphonius
外国語名 Japanese Spanish mackerel
生産地 鳥取県西部など
収獲地域情報 鳥取県では2000年以降漁獲量が急増し、現在は、ハマチなどと並ぶ県内トップクラスの水揚げ高を誇る。県中部の赤碕、県西部の淀江において船上で活〆脱血処理した大型のサワラのブランド化を行っている。
由来 「サ」が狭い、「ハラ」が腹の意味で、「サハラ」→「サワラ」になったと言われる。
歴史背景 鳥取県では2000年頃から漁獲対象として注目されるようになった。
時期 9月〜3月
特徴 肉質はみずみずしく柔らかな食感を持つ。冬期のサワラは脂のりが良くクセがなく非常に美味。
料理名 塩焼き、ムニエル、ソテー、幽庵焼き、大根とサワラの煮付けなど。寒鰆は、刺身、たたき、西京漬け(塩麹漬け)、しゃぶしゃぶなど。
栄養 タンパク質、脂質、鉄、ビタミンB群、ビタミンD、DHAなどを含む。
問い合わせ先 食のみやこ鳥取県
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=154372

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。