e地産地消

ヒラメ

ヒラメ

名称 ヒラメ
都道府県名 鳥取県
区分 魚介類
分類 ヒラメ科ヒラメ属
学名 Paralichthys olivaceus
外国語名 large-tooth flounders (halibut) (英)、Turbot (仏)
生産地 鳥取県全域(境港漁港の水揚げが多い)
収獲地域情報 ヒラメは鳥取県の栽培漁業の主役であることから、県魚に指定されている。ヒラメの稚魚は、春から夏にかけて砂丘海岸の砂浜に身を隠し、アミを餌にして成長し、沖へ移動する。
歴史背景 鳥取県では古くから、小型底びき網や刺し網、一本釣りなどで、ヒラメが漁獲されてきた。
時期 周年(盛漁期は11〜5月)
特徴 ヒラメはよく知られた白身の高級魚だが、特に冬場の身が引き締まったものは絶品。
下処理 包丁で丁寧にウロコを取り除く。エラブタの隙間から包丁を入れ、ヒラメの頭を落とし、エラを切り離す。内臓も取り除く。腹を開き、血合いを取り除き、汚れを水で洗い流す。
料理名 刺し身、寿司、塩焼き、ムニエル、鍋物、煮付けなど。
選び方 丸のままのものは、身が固く、表面につやがあるものを選ぶ。切り身は透明感があるものの鮮度が良い。
栄養 低脂肪高タンパク。カリウム、ビタミンB1、B2が豊富。エンガワにはコラーゲンと脂質が豊富。DHAとIPA(EPA)を含む。
問い合わせ先 食のみやこ鳥取県
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=154372

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。