e地産地消

ホタルイカ

ホタルイカ

名称 ホタルイカ
都道府県名 鳥取県
区分 魚介類
分類 ホタルイカモドキ科ホタルイカ属
学名 Watasenia scintillans 
生産地 境漁港、網代漁港、鳥取港
収獲地域情報 ホタルイカといえば富山県が有名(水揚げ日本一は兵庫県)だが、近年では鳥取県など山陰地方でもよく獲れる。朝早くに出港した漁船が、日中、沖合底びき網で漁獲する。地元ではボイル、醤油漬けなどさまざまな料理で楽しまれている。
歴史背景 鳥取県でホタルイカの漁法が確立したのは約30年前と歴史は浅い。しかし、比較的安定して獲れることから、地元の春の味として定着した。
時期 1月〜5月(盛漁期は3、4月)
特徴 ホタルイカは、体長は雄が4〜5cm、雌が5〜7cmと小さい。噛みしめると、ほのかな甘味が口の中に広がる。
料理名 刺し身、ゆでて酢味噌和え、醤油漬け、天ぷら、しゃぶしゃぶなど。
栄養 主成分はタンパク質。ビタミンA、E、B1、B2、タウリンなどが豊富。
問い合わせ先 食のみやこ鳥取県
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=154372

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。