e地産地消

宮崎メヒカリ

宮崎メヒカリ

名称 宮崎メヒカリ
都道府県名 宮崎県
区分 魚介類
分類 アオメエソ科アオメエソ属
学名 Chlorophthalmus albatrossis
外国語名 Bigeyed greeneye (英)
生産地 延岡市、宮崎市
収獲地域情報 水深約150〜400メートルに生息する深海魚である。そのため、宮崎沿岸のきれいな海洋深層水の中でエビやカニなどの甲殻類や動物プランクトン、小魚を食べて成長している。
栽培情報 宮崎県沿岸では主に底曵き網で漁獲されている。メヒカリは深海魚であるため、その底曵き網漁もビームやけた、開口板を使わず、潮の流れでロープを絞り込んで網を曳く(潮打たせ漁法と呼ばれている)、自然に優しい漁方。漁法産卵する5月と6月は禁漁期だが、この2ヶ月を除けばほぼ周年水揚げされている。その中でも特に夏の7〜8月ごろが最盛期。
別名 アオエメソ。このアオエメソは実は標準和名であるが、宮崎県では目が大きく青く光っているところから、“目光り=メヒカリ”と呼ばれ、親しまれている。
時期 7〜8月
特徴 柔らかい身と甘味が感じられるくらいのほどよいのりの脂が特徴的。白身魚で脂肪分がかなり多いが、その味は淡白でヘルシーでもある。
下処理 うろこを落としたら、頭の付け根を指でつまんで切断する。このとき、完全には頭を引きちぎらないのがポイントである。その頭の部分からいったん手を放し、腹ビレをつまんで魚の頭方向に引きちぎる。この際、頭と腹ヒレと内臓が一緒に取れる。最後に流水で腹の中をきれいに洗い流す。
料理名 刺身、唐揚げ、天ぷら、南蛮漬け、塩焼き、煮付け、干物など。
調理法 大型で脂ののった新鮮なものは刺身にするとトロっととろける味わいが楽しめ美味である。寿司ネタとしても非常に優れている。また、もともと骨が細く柔らかいこともあって、唐揚げなどにするとさらに骨が気にならなくなり、丸ごと食べることができる。
加工品 県内では揚げる手前まで加工し、市販している。その他に素干し、みりん干し、佃煮、燻製など。
選び方 触ったときに硬さを感じるもの。目が白いもの。逆に斑紋がはっきりしないものは鮮度が落ちている証拠なので避ける。
保存方法 足が早い魚なのでできるだけ早めに消費すること。ただ、冷凍すればかなり保存がきくので、すぐに消費できい場合は冷凍したほうがよい。
栄養 カルシウムを豊富に含んでいる。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。