e地産地消

ミニトマト

ミニトマト

名称 ミニトマト
都道府県名 香川県
区分 野菜類
分類 ナス科トマト属
学名 Lycopersicon esculentum
外国語名 Tomato (英)、Tomate (仏)
生産地 主に東かがわ市、さぬき市、丸亀市、多度津町など
栽培情報 トマト類は多く水を与えると生長が早いが、水っぽくなって甘味が弱くなってしまう。そのため、収穫時期には、水分を控えてストレスを与え、糖度を高めている。
時期 3〜6月、10〜12月
特徴 本県産のミニトマトは瀬戸内海特有の日照時間の長さから、実が締まってハリがあり、鮮やかな赤色の美しい色づきが特徴的。味も糖度が約8度と高いこともあり甘くてジューシー。なおかつ適度な酸味もあり、その品質の高さに定評がある。
下処理 包丁を使うことなく、水で洗ってヘタの部分を取れば、すぐ一口で食べることが出来る。
料理名 サラダ、ミートソーススパゲティ、トマトソース、ジャムなど。
調理法 サラダなどの生食が一般的だが、加熱するとさらに甘味が増して美味しくなる。また、茹でたあとに冷凍保存したものをトマトソースとしてスープやスパゲッティのソースに使ったり、カレーの具材として使うのもオススメではあるが、糖度が高いものをジャムやデザートにするのもよい。
選び方 全体的に赤く染まっていて色ムラがないもの。皮にハリとツヤがあるもの。形が丸くてツルっとしているもの。実がかたくしまっているもの。ヘタが綺麗な緑色をしていてピンとしているもの。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。
栄養 β-カロテンやビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウムが豊富に含まれている。また、トマトの赤い色の元はリコピンといわれる色素で、カロテノイドの一種である。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。