e地産地消

シャインマスカット(ぶどう)

シャインマスカット(ぶどう)

名称 シャインマスカット(ぶどう)
都道府県名 香川県
区分 果実類
分類 ブドウ科ブドウ属
学名 Vitis spp.
外国語名 Shine Muscat
生産地 主に高松市、さぬき市、綾川町、三豊市、多度津町、丸亀市など。
栽培情報 本県では、1粒の直径を500円玉程度の大粒に仕上げ、700グラム前後の大房を中心に房作りをしている。
由来 マスカットの豊かな芳香を持ち、果実を皮ごと食べられる新感覚のマスカットの意から、“シャインマスカット”と命名された。
歴史背景 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所において、マスカット・オブアレキサンドリアとスチューベンを交雑・選抜した“安芸津21号”と“白南”を交雑して生まれた品種で平成18年3月に品種登録された新品種のぶどうである。登録番号はぶどう農林21号。本県においては全国に先駆けて導入、ブランド化が進められている。
時期 7月上旬から9月末までにかけて出回るが、最盛期の旬は8月。本県では、新盆のころ(=7月)に出回る加温栽培、旧盆ごろ(=8月)に出回る無加温栽培、9月に出回るトンネル栽培により、約3ヵ月間に渡って果実を流通させている。
特徴 その房は美しいエメラルドグリーンで彩られている。一粒が12〜14グラムと大粒でポリュームがあり、糖度も現在栽培されているぶどう品種の中では17度以上と甘味が強い。
下処理 種がなく皮が薄いので食感がパリッとしている。軽く水洗い後、皮付きのまま口に放り込んでも、そのまま違和感なくサクサクと食べることが出来る。
料理名 生食、シャーベット、ムース、ジャム、ソース、ジュース、ゼリー。
調理法 ぶどうは肩の部分(上のほう)が甘くなる傾向にあるため、下の部分から食べていくと甘味がだんだん強くなっていって、美味しく食べることができる。生食するのなら、フルーツサラダやタルトのトッピング、ゼリー寄せなどにも使える。
選び方 粒にハリがあるもの。枝の部分が太く青いもの。切り口が新しいもの。果皮の色が全体的に黄色く色づいているもの。果皮に白っぽい粉(=ブルームと呼ばれる果粉である。水分の蒸発を防ぐ働きがある)がまんべんなく付着しているもの。
保存方法 長時間冷蔵庫に入れておくとマスカット香が落ちてしまうので、冷暗所で保存して、食べる1時間前くらいに冷蔵庫で冷やすこと(食べる間際に冷水に浸けて冷やすのもよい)。シャインマスカットは、ほかのぶどうよりも貯蔵性が高いこともあって、長期間の保存が可能ではあるが、冷蔵庫に保存する場合は、紙で包んでポリ袋に入れると風味が落ちにくくなる。
栄養 カリウム、ブドウ糖、果糖、アントシアンなど。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。