e地産地消

イイダコ

イイダコ

名称 イイダコ
都道府県名 香川県
区分 魚介類
分類 マダコ科マダコ属
学名 Octopus ocellatus
外国語名 Ocellated octopus, Poulp
生産地 主に備讃瀬戸など。
収獲地域情報 イイダコは水深20センチくらいまでの砂地に生息している。また、内湾的な環境を好むため、特に県内では備讃瀬戸海域(水深は10〜30メートルの所が多く、最深部は小瀬居島の北にあたる約100メートル部分)はイイダコの特産地となっている。
栽培情報 県内では秋から初春にかけてイイダコ漁が行われるほか、レジャーとしてのイイダコ釣りも盛んである。
由来 産卵時期前になるとメスの胴部分(頭に見えるところ)に長円形の卵がいっぱいに詰まり(一匹のメスで200〜600粒くらいの卵を持っている)、それが米粒のように見えることから“イイ(飯)ダコ”と呼ばれるようになった。
時期 漁獲時期は9月から翌年4月ごろまでだが、中でも旬の時期は飯(イイ)の入る時期である1〜3月。
特徴 体長は5〜20センチ(大きなものでも全長は30センチ前後)とタコの中でも小型のタコである。腕の付け根に2個、目と目の間に1個の金色の紋があるのが外見的な特徴。イイ(=卵)持ちのメスは独特の味わいがあるが、イイ持ちではなくても身肉には旨味がある。
下処理 胴(=頭の中)の部分をめくり、スミのみを取り除く(この際、取りにくいのでスミを袋から押し出すようにしてもいい)。次に卵、肝膵臓、鰓などを胴に戻したら、まず手で揉み、ヌメリが出てきたら、塩でまた揉む。粘液を何度も洗い流したら、水をよく切っておくこと。
料理名 刺身、煮物、煮付け、天ぷら、カルパッチョ、おでんの具、いもたこ、酢味噌和えなど。
調理法 刺身や天ぷら、カルパッチョなど様々な料理で楽しめる食材ではあるが、中でもイイダコは小さいので、頭から丸かじりすることができるのが醍醐味。また、煮付けにすれば、もちっとした独特の味わいを楽しめる。イイがなくても、ゆでて酢醤油や、ねぎやわけぎとの酢味噌和えにしたりもできる。さらに身肉からは良い出汁が出るため、県内ではイイダコ丸ごと一匹をそのまま煮込んだ“イイダコおでん”が好んで食べられている。
選び方 目が澄んでいて輪紋がくっきりとしているもの。表皮の茶色が強いもの。白っぽくないもの。たたいてタコの色が変色するのが活きのよい証拠である。
保存方法 塩揉みしてヌメリを取ったら、ボイルしてジッパー付きのポリ袋などに入れて冷凍保存する。
栄養 ビタミンB12、ビタミンE、銅、亜鉛などを多く含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。