e地産地消

にぎす

にぎす

名称 にぎす
都道府県名 新潟県
区分 魚介類
分類 ニギス科ニギス属
学名 Glossanodon semifasciatus
生産地 糸魚川市
収獲地域情報 ニギスは日本海と太平洋の本州沿岸以南の底中層に分布しており、漁獲量の7〜8割が日本海沿岸で漁獲される。糸魚川市は全国トップクラスの漁獲量を誇り、日常食として食べられる他、祝いごとの席にも欠かせない。底引き網で漁獲される。
別名 メギス、オキギス、キス、センダイギス、チョウセンギス(朝鮮鱚)、ミギス
由来 おそらく、キスに姿が似ていることからニギスと呼ばれるようになったと言われる。
時期 3〜4月、9〜10月
特徴 身が柔らかく鮮度が落ちるのが早い白身魚。クセのない味わい。
下処理 ウロコを取り、頭と内臓を取り除いて軽く洗浄する。
料理名 つみれ、さつま揚げ、フライ、天ぷら、刺し身、開きを焼き魚として。
選び方 目が透明で澄んでおり、身体に張りがあって、みずみずしく透明感があるものを選ぶ。なるべく大きいものが良い。
栄養 タンパク質、IPA(EPA)、DHAが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。