e地産地消

鉛筆なす

鉛筆なす

名称 鉛筆なす
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena
外国語名 Eggplant
生産地 新潟市南区
由来 鉛筆のように先端が尖っていることから。
歴史背景 宮崎県の佐土原ナスが、1935年頃に新潟県白根市笠巻地区に入り、土着したものと言われる。収量が少なく実が色づきにくいことから一時は市場から姿を消していた。
時期 7月
特徴 先端が尖っていて、果皮・果肉共に柔らかい。
料理名 蒸しなす、焼きなす、浅漬けなど
選び方 皮にツヤとハリがあるものを選ぶ。
保存方法 常温で保存し、2〜3日中に食べ切る。
栄養 食物繊維、カリウムが多い。皮の紫色の成分はアントシアニン。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。