e地産地消

関屋かぼちゃ

関屋かぼちゃ

名称 関屋かぼちゃ
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 ウリ科カボチャ属
学名 Cucurbita moschata
生産地 新潟市中央区
別名 会津早生南瓜
由来 50年ほど前はかぼちゃの名産地だった、新潟市関屋地区から命名された。
歴史背景 関屋かぼちゃは、大正時代に関屋地区に導入された。新潟市関屋地区は砂丘地帯で、かぼちゃの産地だった。現在では少数の生産者しか栽培していない貴重な在来野菜である。
時期 6月下旬〜7月
特徴 キジの羽根模様の褐色の皮をしている。ねっとりした食感で淡白な味わい。出汁が染み込みやすい。
料理名 煮付け、味噌汁、天ぷらなど。
栄養 β-カロテンが豊富で、ビタミンB1、B2、Cも多く含まれる。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。