e地産地消

女池菜

女池菜

名称 女池菜
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 アブラナ科
生産地 新潟市中央区女池・鳥屋野地区
収穫地域情報 新潟市の早春を代表する野菜。冬に雪の下で育てて甘味が増したものを、春に出荷する。
別名 とうな、新潟小松菜
歴史背景 明治時代初期に新潟市内で採種され、鳥屋野地区で優良系統を選抜。明治時代中頃から、女池地区一帯で栽培されるようになった。
時期 12月上旬〜4月下旬
特徴 茎がまだ若く蕾ができていないものを食べる。豊かな香りとほんのりとした甘味が特徴の在来野菜。
料理名 お浸し、天ぷら、味噌汁、煮物、スープなど。
栄養 カルシウムはホウレン草の3倍もある。β-カロテン、ビタミンB1、B2、C、鉄が豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。