e地産地消

日本なし「新興」

日本なし「新興」

名称 日本なし「新興」
都道府県名 新潟県
区分 果実類
分類 バラ科ナシ属
生産地 新潟市
収穫地域情報 晩生種の代表であり、日本なしのなかでは最も遅い時期に収穫される。
歴史背景 新潟県では300年ほど前からなしを栽培してきた。新興は1932年に新潟県農事試験場園芸部(現阿賀野市)で二十世紀の自然交雑実生から育成し、1941年に命名された。
時期 10月下旬〜1月下旬
特徴 400〜600gと大きく、果皮は赤褐色で光沢がある。果肉は柔らかく水分が豊富で、甘味と酸味のバランスが良い。
選び方 全体に丸みを帯びてふっくらしたもの、持ったときに重みを感じるものがよい。
保存方法 新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 水分が多く、炭水化物、食物繊維などを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。