e地産地消

白雪こかぶ

白雪こかぶ

名称 白雪こかぶ
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica campestris
生産地 長岡市
収穫地域情報 長岡市では、冬にビニールハウスで白雪こかぶを栽培している。
別名 白鷹
由来 雪の舞う季節に栽培されることから
時期 11月末〜1月末
特徴 ハウスを積雪が囲い、寒さの中、じっくりと育っているために、肉質はきめ細かく、葉も柔らかい。そのため、加熱しても美味しいが、生でほかの野菜とサラダにして食べても、やわらかく、甘みがあり美味しい。
下処理 買ってきたら、まず葉を根元から切り離して保存する。
料理名 浅漬け、醤油漬け、甘酢漬け、サラダ、煮物、炒め物、味噌汁など。
選び方 葉が生き生きとしてシャキッとしているもの、持ったときにずっしりと重みを感じるものを選ぶ。
保存方法 葉を根元から切り落とし、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。葉は2日以内に食べ切る。
栄養 葉は緑黄色野菜でβ-カロテン、ビタミンB群、C、E、カルシウム、カリウム、鉄、食物繊維を含む。根は淡色野菜でカリウム、ビタミンC、食物繊維を含む。
問い合わせ先 新潟県・柏崎市ホームページ
http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/sangyo/nogyo/shokai/yasai/index.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。