e地産地消

長岡菜

長岡菜

名称 長岡菜
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 アブラナ科
生産地 長岡市、三条市
歴史背景 明治初期に長岡地域に導入された体菜が、小松菜や野沢菜と交雑。その中から白茎のものを選んで栽培してきた。1913年から種子が売れるようになったと言われる。一時期、漬物用の野菜は野沢菜が主流であったが、近年になり長岡菜が見直され、長岡の一部地域で栽培されている。
時期 11月中旬〜12月中旬
特徴 草丈は高く、茎は純白で太い。葉は長円形で、体菜と比べると細い。
料理名 漬物。漬け物の煮菜など。お浸し。
問い合わせ先 長岡野菜ブランド協会事務局
http://nagaokachuoseika.co.jp/ 

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。