e地産地消

巾着なす

巾着なす

名称 巾着なす
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena
生産地 長岡市
収穫地域情報 長岡市の中島地区は信濃川沿岸にあり、夏に蒸し暑く水源が近いことから、栽培に際して大量の水を必要とするナスが、在来野菜として定着したのではないかと言われている。
由来 紐で縛ったような巾着型をしていることから。
歴史背景 明治時代から栽培されてきた、と言われる。
時期 6月〜10月
特徴 通常の千両系のなすは1本の木から約100〜200個の実が収穫できると言われているが、このなすは30個ほどしか収穫できない。ソフトボールくらいの大きさで、果肉はしまり、なすの旨味が凝縮されている。また、煮崩れしにくく、火を十分に通すとトロトロの食感になる。
料理名 蒸したものを冷やし、生姜醤油で食べる「蒸かしなす」。田楽、麻婆茄子、味噌汁、天ぷらなど。
栄養 成分のほとんどが水分。皮の紫色はアントシアニン。
問い合わせ先 長岡野菜ブランド協会事務局
http://nagaokachuoseika.co.jp/ 

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。