e地産地消

仁野分しょうが

仁野分しょうが

名称 仁野分しょうが
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 ショウガ科ショウガ属
学名 Zingiber officinale
外国語名 Ginger
生産地 上越市頸城区仁野分
収穫地域情報 熱帯原産のしょうがは、乾燥や寒さに弱いため、仁野分では初霜が降りる前に掘り起こして越冬させる。できるだけ農薬や化学肥料を使わず栽培している。
別名 品種名は金時生姜
歴史背景 1683年に百姓の三郎右衛門が京都に行った折、近江産のしょうがを持ち帰って屋敷畑に植えたことが、仁野分でのしょうが栽培の始まりと伝えられている。その後、三河産のものに切り替えられたと言われる。仁野分のしょうがは高田藩主にも献上されていた。
時期 8月下旬〜11月下旬
特徴 柔らかく筋が少ないため、生で食べることができる。風味がよい。
料理名 しょうがご飯、薬味、魚などの臭み取りとして。寿司。そのまま味噌をつけて生で。
選び方 ひねしょうがの場合は、表面にツヤとハリがあり、できるだけふっくらとしている大きめのものを選ぶ。新しょうがは、白っぽくツヤがあり、茎の切り口がきれいな紅色のものを選ぶ。
保存方法 ラップに包んで冷蔵庫に入れる。長期間保存する場合は、ビンやタッパーに水を張った中に漬けて冷蔵庫に保存する。水は数日置きに取り替える。
栄養 辛味成分のジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールを含む。
問い合わせ先 新潟県・上越市ホームページ
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/syoku-iku/joetsu-yasai.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。