e地産地消

いさざ・すべり(シロウオ)

いさざ・すべり(シロウオ)

名称 いさざ・すべり(シロウオ)
都道府県名 石川県
区分 魚介類
分類 ハゼ科シロウオ属
学名 Leucopsarion petersii
外国語名 Ice goby
生産地 穴水町
収獲地域情報 能登湾の穴水町で行われる四つ手網によるいさざ・すべりの漁は春の風物詩となっている。石川県ではいさざと呼ばれているが、加賀地方ではすべりと呼ばれる。
別名 シラウオ、シロウオ、ヒウオ、ギャフ
歴史背景 穴水町では、古くから「ほうちょう」と呼ばれる四つ手網を使ったいさざ・すべり漁が行われてきた。
時期 3月〜4月
特徴 細長く透き通った皮膚から、骨と黒い斑点が透けて見える。踊り食いがよく知られる食べ方である。
料理名 踊り食い、卵とじ、吸い物、かき揚げなど。
栄養 レチノール、カルシウム、カリウム、リンが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。