e地産地消

どじょう

どじょう

名称 どじょう
都道府県名 石川県
区分 魚介類
分類 ドジョウ科ドジョウ属
学名 Misgurnus anguillicaudatus
外国語名 oriental weather loach
生産地 金沢市
収獲地域情報 どじょうは金沢市内の中山間地域の休耕田を養殖池にし、養殖している。
別名 マドジョウ
歴史背景 1867年の長崎県浦上市で「浦上四番崩れ」というキリシタン弾圧が起き、新天地を求めたキリシタンたちの一部が、金沢市卯辰山に監禁されていた。彼らが生活のため、水田のどじょうを蒲焼きにして売ったことから、金沢市でどじょうの蒲焼きを食べる習慣ができたと言われる。どじょうは水田や湿地のものを使ってきたが、河川の改修や排水路の整備、水田の農薬使用のために生息量が減少し、県外や中国などのどじょうを蒲焼きに使うようになっていった。2010年、市内5名の農林事業者が、中山間地域の振興とどじょうの蒲焼き文化を守ることを目的に、「金沢どじょう養殖研究会」を発足、休耕田を活用した「どじょうの養殖」が始まった。
時期 7月上旬〜8月下旬
特徴 金沢市のどじょうの蒲焼きは骨まで柔らかく、どじょうの旨味がストレートに伝わる。
料理名 かばやきなど。
栄養 カルシウムはうなぎの9倍ある。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。