e地産地消

甘エビ

甘エビ

名称 甘エビ
都道府県名 石川県
区分 魚介類
分類 タラバエビ科タラバエビ属
学名 Pandalus eous
外国語名 pacific pink shrimp, northern shrimp
生産地 金沢市、志賀町、加賀市、輪島市、珠洲市
収獲地域情報 年間を通して水温の低い海域の水深約200m〜約700mの深海に生息し、北陸では、えび篭漁や底びき網漁で水揚げされている。養殖が困難なことから、資源保護対策が行われている。県内の子供たちに魚食を伝えるため、学校給食でも提供されている。
別名 ホッコクアカエビ、南蛮エビ、赤エビ
由来 身の甘さから、北陸で「甘エビ」と呼ばれるようになった。
時期 通年流通するが、産卵期に向けて脂がのる9月〜12月が旬。
特徴 甲が柔らかく身が離しやすい。とろけるような甘味がある。
料理名 刺し身、寿司、味噌汁、塩焼き、から揚げ。
選び方 体の赤みが強く、身に透明感があるものの鮮度が良い。
栄養 タンパク質、ビタミンE、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、鉄、タウリンなどを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。