e地産地消

小菊かぼちゃ

小菊かぼちゃ

名称 小菊かぼちゃ
都道府県名 石川県
区分 野菜類
分類 ウリ科カボチャ属
生産地 七尾市、中能登町
収穫地域情報 能登地方の夏が涼しい海洋性気候と、粘りの強い土壌が適した能登野菜の一つ。
別名 神田小菊、小菊南瓜
由来 真上から見ると小菊に似ていることから。
歴史背景 1965年にコメの転作作物として、旧中島町(現七尾市)で栽培が始まった。
時期 6月下旬〜8月中旬
特徴 直径15cm程度の小さな日本かぼちゃ。粘質で濃黄色の果肉で独特のさわやかな風味がある。
料理名 煮付け、天ぷら、スープ、味噌汁、蒸しカボチャ、肉詰め蒸し、コロッケ、サラダなど。
選び方 皮の表面にツヤがあり、軸が太く、切り口がよく乾燥していて、軸の周りがへこんでいるもの、持ったときに重みを感じるものを選ぶ。
保存方法 丸ごとのものは、風通しの良い涼しい場所で保存する。カットしたものは、種とワタを取ってラップで包み、冷蔵庫で保存する。
栄養 ビタミンC、β-カロテンが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。