e地産地消

赤ずいき

赤ずいき

名称 赤ずいき
都道府県名 石川県
区分 いも及びでん粉類
分類 サトイモ科サトイモ属
学名 Colocasia esculenta
生産地 金沢市花園地区、三馬地区
由来 芋の中心から出た茎なので「髄茎(ずいき)」と呼ばれたという説と、南北朝時代の臨済宗の僧夢窓国師疎石の歌「いもの葉に置く白露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」から取られたという説がある。
歴史背景 江戸時代より前から石川県で栽培されていたと考えられる。明治期には金沢市で広く栽培されていたが、現在は花園地区と三馬地区で細々と栽培されている。2002年に加賀野菜に認定された。
時期 6月中旬〜9月
特徴 八つ頭の葉柄。口当たりがよく、シャキシャキした食感をしている。
下処理 皮を剥いて5cmほどの長さに切り、30分〜1時間ほど水に晒してアクを抜く。水から茹でて、料理する。
料理名 酢の物、煮物など
選び方 表面にハリがあるものを選ぶ。
保存方法 なるべく早くアク抜きなどの下処理をする。それまでは風通しのよい冷暗所に保存する。
栄養 食物繊維が豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。