e地産地消

大浜大豆

大浜大豆

名称 大浜大豆
都道府県名 石川県
区分 豆類
分類 マメ科ダイズ属
学名 Glycine max
生産地 珠洲市狼煙町横山地区
収穫地域情報 珠洲市狼煙町は、能登半島の最北端にある。
歴史背景 大浜大豆は、昭和30年代まで珠洲市の田んぼの畦に栽培されてきたが、1960年代に葉たばこの栽培が盛んになるにつれ、姿を消していった。2002年、地元の生産者がわずかに残っていた種豆から、石川県農林総合研究センターと連携して栽培を復活させた。地元塩田の天然にがりを使用した地豆腐を作り、道の駅で販売。地域活性化に貢献している。
時期 収穫は11月中旬〜下旬
特徴 通常の大豆に比べてやや粒が大きく、中央部に裂けたへそが大きく黒いのが特徴で、舌触りや風味がよい在来作物。
下処理 一晩水に漬けて戻す。
料理名 豆腐、煮豆、サラダ、スープ、大豆ご飯など。
栄養 タンパク質、脂質が多い。カルシウム、リン、鉄、ビタミンB1が豊富。ビタミンB2、Eなども含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。