e地産地消

二塚からしな

二塚からしな

名称 二塚からしな
都道府県名 石川県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica juncea
外国語名 Mustards
生産地 金沢市二塚地区
収穫地域情報 稲刈り後の排水の良い水田に、耕起・うね立てをして種を撒き、育てる。
歴史背景 江戸時代からあると言われる。金沢市二塚地区を中心に、大正時代から昭和30年代にかけて、田んぼの緑肥としてレンゲと一緒に栽培され、冬や早春の味として親しまれていた。農業の機械化や化学肥料の普及などで、栽培が廃れかけたが、昔の味を懐かしむ声が高まり、復活していった。
時期 11月上旬〜3月下旬
特徴 大根の葉っぱに似た深い切れ込みのある葉で、緑と赤紫の混ざった色をしている。独特の強い辛みと鼻を突く香気が特徴。種はからしの原料として使われる。
料理名 お浸し、炒め物、サラダ、漬け物。
選び方 葉の緑色が濃く、鮮やかなもの、葉先までピンとしているものの鮮度が良い。
保存方法 濡れた新聞紙などに包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存する。
栄養 β-カロテン、カルシウム、カリウム、リン、ビタミンCが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。