e地産地消

能登牡蠣

能登牡蠣

名称 能登牡蠣
都道府県名 石川県
区分 魚介類
分類 イタボガキ科マガキ属
学名 Crassostrea gigas
外国語名 Oyster
生産地 七尾市中島町、穴水町仲居など
収獲地域情報 七尾湾では牡蠣の養殖が盛ん。プランクトンが豊富なため、通常は2〜3年かかる出荷までの年数が1年で済む。七尾市では簡易垂下式、延縄(はえなわ)式、穴水町ではイカダ式と呼ばれる養殖方法で育てられる。
歴史背景 能登湾で牡蠣養殖が本格的に始まったのは、大正時代に入ってから。現在ではコメに次ぐ重要産業となっている。
時期 10月〜5月
特徴 やや小粒だが、肉厚で濃厚な味わいがある。
下処理 水で洗ってゴミを取り、料理する。
料理名 焼き牡蠣、生牡蠣にレモンを絞って。牡蠣鍋、牡蠣ご飯、味噌汁、スープ、炒め物、パスタなど
選び方 貝柱が透明で、身の色が黄色味がかったものの鮮度が良い。
保存方法 冷蔵庫で保存する。
栄養 タウリンをはじめ、グリコーゲン、タンパク質、ミネラル、ビタミンが豊富。鉄や銅、亜鉛などの機能も見逃せない。ビタミンE、A、B6、B12を含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。