e地産地消

能登白ねぎ

能登白ねぎ

名称 能登白ねぎ
都道府県名 石川県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium fistulosum
外国語名 Welsh onion (英)、ciboule (仏)
生産地 七尾市、羽咋市、穴水町、能登町、中能登町、志賀町
収穫地域情報 能登白ねぎは主に、水田の転作作物として栽培されている。軟白部分を白く太くするため、くり返し土寄せを行っている。
歴史背景 能登白ねぎの栽培は1994年、七尾鹿島地区の農協が合併して能登わかば農協ができた折、地元の特産品を作ることになったことから。コメの消費量低下で、稲作中心だった能登地方では、転作も必要になっていた。
時期 8月〜12月
特徴 白と緑の境目が明確で、緑色の葉先まで柔らかい。食感はハリがあり、辛味が少なく甘さを感じさせる味わい。
料理名 鍋物、煮物、炒め物、焼きネギ、焼き鳥、スープ、味噌汁など。
選び方 白い部分が締まっていて弾力があり、持ってみて重みを感じるものが良い。
保存方法 ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 ビタミンC、血行をよくし、ビタミンB1の吸収を促すアリシンを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。