新潟県

南蛮エビのマリネ

赤唐辛子のような鮮やかな朱色、そこから名がついた南蛮エビ。

  1. 新玉ねぎをスライスし、さっと水にさらす。

  2. 空豆をさやから出して2分ほど塩ゆで。さっと水にさらしてからざるにあげ、冷めたら薄かわをむいておく。

    薄かわは豆のつめのところからむくと、むきやすい。

  3. 南蛮エビの殻をむき、軽く塩をふっておく。

    塩をふっておくとくさみが取れ、味もボケない。

  4. オイル、塩、胡椒、レモン汁、コーヒーフレッシュと3をあわせて軽く混ぜ合わせる。

    レモン汁のさっぱり感を加えることで全体が引き締まる。

  5. 野菜の上に4を盛りつける。

材料(2人分)

    • 椿オイル
    • 小1
    • 1つまみ
    • コーヒーフレッシュ
    • 1個(5ml)

レシピを考案したのは、新潟県『花の木』の女将・渡辺明子さん。「鮮度がよく、甘みの強い南蛮エビは、地元では生で頂くことが多いです。そこで今回は、マリネにしてみました。味のポイントはコーヒーフレッシュ。一味加えることで全体がまろやかになります。南蛮エビを洗う時は、殻がついた状態で洗って下さい。その時、お酒で洗うと水っぽさを防ぐことが出来ます。殻をむく時は、頭側の足を先に身から外し、頭の殻にそって背側にくるりと指をいれると簡単に外すことが出来ます」

  • ピン