eクッキングスクール

小口切り

小口切りの「小口」とは「端」という意味で、細長い材料を端から繊維に対して直角に薄く輪切りにする切り方。ねぎ、オクラ、きゅうりなどを切るのによく用いられる。

切り方・むき方