eクッキングスクール

包丁の構え方と持ち方

包丁を構えるときは、足を肩幅くらいに開き、包丁を持つ手と同じ側の足を後ろに引いてまな板に対して少し斜めに立つ。まな板と体の間はこぶし1個分ほど離すこと。包丁を握るときは、包丁の峰が人差し指の下にくるようにのせ、中指から小指で柄を握る。

調理のポイント