eクッキングスクール

湯せん

熱湯をはった大きい鍋に、材料を入れたひとまわり小さい鍋やボウルの底を浸して温め、直火でなく、湯を通して間接的に加熱することを「湯せん」という。熱の当たりがやわらかいので材料がこげつかず、練りみそや黄身酢などを作ったり、また、チョコレートを溶かしたりするときに用いられる。

調理のポイント