eクッキングスクール

蛇腹切り

「蛇腹切り」とは、細長い材料に細かな切りこみを入れて蛇腹のように切る切り方で、主にきゅうりに用いられる。きゅうりを横に置き、上から2/3くらいまで斜めに薄く切りこみを入れ、裏返して反対側も同様に切りこみを入れる(きゅうりの両側にはしなどを置くと失敗が少ない)。塩を振ってしばらくおき、しんなりとしたら水でサッと洗い、水けをしぼって用途に合わせて切り分ける。料理のあしらいや、酢の物などに活用するとよい。

切り方・むき方