元気が出るレシピ

すぐ風邪をひく

季節の変わり目はもちろん、疲れがちょっと溜まっただけで、風邪をひいてしまう…とお悩みの方、無理なダイエットや偏食、不規則な生活…思い当たりませんか?

風邪をひきやすい人とひきにくい人の違いは「免疫力」にあるといわれています。免疫力をアップさせて、風邪をひきにくい体質を目指しましょう。

まず、不足しないよう心がけたいのが、免疫や抗体などを作る基であるタンパク質。喉や腸の粘膜を健全に保ったり、抗体の量を増やしたり、免疫細胞の活性を上げたりと縁の下の力持ち的存在のビタミンA,C,E。免疫力を高めるだけでなく、風邪を早く治すためにも役立つビタミンB1

腸の健康を保つ乳酸菌やオリゴ糖なども不足のないように摂りたいものです。

それでも「ゴホン!」ときてしまったら、ひきはじめの段階で、「栄養」と「保温」と「安静」を心がけましょう。胃腸に負担をかける脂肪は控え、消化の良い食品でエネルギーをしっかり摂ること。無理せず休むことも大切です。食欲がないときは、栄養価の高い食品を少量でも取るようにしましょう。のどの痛みや腫れで食べ物が飲み込みにくい時は、粥やゼリー・ジュースなどで、まずはエネルギーと水分補給を。発熱や下痢を伴う場合は脱水症状になりやすいので特に注意し、こまめに水分の補給をしましょう。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

ビタミンB1 豚肉、うなぎ、大豆及び大豆製品、そば、玄米
★★★★★
ビタミンA 豚レバー、鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ
★★★★☆
ビタミンC 赤ピーマン、菜の花、ブロッコリー、柿、キウイ、イチゴ
★★★★☆

この栄養素を多く含むレシピ