元気が出るレシピ

下痢しやすい

通勤・通学電車の中や、大切なテストや会議のときに、突然襲ってくる下痢。慢性化すると日常生活にも重大な影響が出る上に体力が消耗し、体重が減少することもあるので要注意です。一時的な下痢は、暴飲暴食や冷え、ストレスなどからくる軽い症状のものや、激しい腹痛を伴う食中毒や感染症など重い症状のものなど、さまざまです。特に、すぐに対応しなければいけないのは食中毒や急性腸炎による下痢や血便が伴う下痢です。必ず医療機関へ。ストレスが原因で起こる下痢は「過敏性腸症候群」と呼ばれ、女性に多く見受けられます。また3ヶ月以上続くものは「慢性下痢」と言われます。尚、牛乳で下痢をする人は、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が足りないために起こります。

重い下痢でなければ、腸に負担をかけないものを食べ、安静にしていれば自然に回復します。食事では食物繊維や刺激の強いもの、ガスを発生するもの、冷たいものなどは控えましょう。栄養不足を防ぎ、体力を回復させるために タンパク質、ビタミン、ミネラル、など、栄養バランスの良い食事をゆっくりと、良く噛んで食べること。忘れていけないのは水分補給。水分はしっかり補給しましょう。下痢は習慣化しやすいので、規則正しい食生活と排便、運動、充分な睡眠と休養を心がけ、生活にリズムをつけて正常な腸を取り戻して下さい。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

水溶性食物繊維 (便秘にも下痢にも効く)りんご、バナナ、人参、トマトジュース
★★★★★

この栄養素を多く含むレシピ