元気が出るレシピ

だるさが抜けず疲れやすい

現代人は、子どもから大人まで、何らかの疲れを感じているといわれています。ただし、ひとくちに「疲れている」といっても、肩こりなどの筋肉疲労から、全身の倦怠感、やる気が出ない、などの精神的な疲労感まで、その症状は様々です。

疲れをより深めてしまう前に、まず充分な休養と睡眠を。それでもとれない慢性疲労が続くと、体の抵抗力や免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、胃腸の調子が悪くなったりと、どんどん体調が悪くなってしまいます。さらに悪化すれば、糖尿病をはじめとする生活習慣病の引き金にもなりかねません。まずは、疲れの原因が何かということです。

過労の場合はβ―カロテンやビタミンC・E、ポリフェノールなどの抗酸化成分を含む野菜、果物、大豆製品、緑茶などの植物性食品をしっかり取りましょう。筋肉疲労の場合は、まずはエネルギー源の補給、そしてエネルギー代謝に必要なビタミンB群を含んだ食品(肉類、魚介類、大豆製品、など)を摂りましょう。中でも、ビタミンB1は、利用率を高めるアリシンと合わせて摂ると、さらに効果的です。夏バテの場合は食欲増進をはかるために柑橘類や香辛料などを上手に利用したり、消化吸収を助ける働きがある成分をを含んだ長イモやオクラ、納豆を一品追加するのもおすすめです。言うまでもありませんが、栄養バランスの良い食事を3食きっちり摂るが基本です。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

ビタミンB1 豚肉、うなぎ、大豆及び大豆製品、そば、玄米
★★★★★
β-カロテン モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ、春菊、ほうれん草
★★★★☆
ビタミンC 赤ピーマン、菜の花、ブロッコリー、柿、キウイ、イチゴ
★★★★☆
ビタミンE キングサーモン、うなぎ、さんま、かぼちゃ、植物油、アーモンド
★★★★☆
ポリフェノール 赤ワイン、ブルーベリー、緑茶、ココア、そば、大豆、しょうが、うこん
クエン酸 柑橘類、酢、梅干し
★★★☆☆

この栄養素を多く含むレシピ