元気が出るレシピ

目の状態が気になる

パソコンやテレビゲームなど目を長時間酷使したり、睡眠不足から、目がチカチカする、ゴロゴロする、かすむ、充血する、目の奥が痛いなど、眼に不快感を感じている人が増えています。目の疲れは、脳の疲れへとつながる上に、症状が重くなると頭痛や肩こり、イライラまで引き起こします。またパソコンを長時間操作していると、「まばたき」する回数が減り、涙の量が少なくなることからドライアイ(目の表面が乾くこと)を引き起こしやすくなります。ドライアイになると、角膜の表面が傷ついたり、眼球の抵抗力が低下してしまいます。

目を守るためには、まずは充分な睡眠をとること。さらに、角膜細胞をつくり替えたり、角膜の表面を保護する粘液の成分となったり、網膜で光を感じる細胞(ロドプシン)の材料となるビタミンAをしっかり摂りましょう。ビタミンAは「目のビタミン」ともいわれており、レバー、うなぎ、人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。また、視神経や筋肉の疲労を軽減し、視力低下を防ぐ ビタミンB1、B2を取るとよいでしょう。この他、充血を防ぐビタミンC、ブルーベリーやぶどうなど目の疲れをとるアントシアニン(ポリフェノールの一種)を補給するのも効果的です。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

ビタミンA 豚レバー、鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ
★★★★★
ビタミンB1 豚肉、うなぎ、大豆及び大豆製品、そば、玄米
★★★★☆
ビタミンB2 豚レバー、牛レバー、鶏レバー、牛乳、うなぎ、さば、さんま、納豆
★★★★☆
ビタミンC 赤ピーマン、菜の花、ブロッコリー、柿、キウイ、イチゴ
★★★☆☆
アントシアニン ブルーベリー、ぶどう、カシス、赤キャベツ、なす、紫芋、黒ゴマ、黒豆
★★★★☆

この栄養素を多く含むレシピ