元気が出るレシピ

お酒が最近残る

頭痛や吐き気、めまい、食欲不振、不快感などが残る「二日酔い」は、自業自得とはいえ、辛いものですよね。胃や腸で吸収されたアルコールは、肝臓に運ばれて、アセトアルデヒドという物質に分解され、最終的には二酸化炭素と水になって排泄されます。ところが、短時間で大量のアルコールを摂取すると、肝臓での処理が間に合わず、血中のアセトアルデヒド量が増えすぎ、顔が赤くなったり動悸や頭痛などが起こります。そして肝臓のアルコール処理能力を越えると「二日酔い」になります。また、飲み過ぎの習慣が続くと、アルコールによって脂肪の分解が抑えられると同時に、脂肪酸の合成が促進され「脂肪肝」になってしまいます。

さらに進行すると肝細胞が破壊され「アルコール性肝炎」や「肝硬変」を起こします。このほか、胃潰瘍、糖尿病、高血圧、心筋症、不整脈など、様々な病気を誘発しますのでお酒は適量摂取にとどめたいものです。二日酔いを防ぐには、空腹状態でのアルコール摂取を避けることです。空腹時はアルコールが吸収されやすく、すぐ血液中に取り込まれるので、飲む前に軽く食べておいたり、食べながら、ゆっくりと飲むことが大切。アルコールの分解を促進するゴマを使った野菜のゴマ和えや、肝機能を高めるタウリンを多く含んだ牡蠣、帆立、イカ、タコ、シジミなどの魚介類を「おつまみ」にするのも良いでしょう。また大豆製品も、肝臓の働きを活発にさせるので、おすすめです。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

タウリン 牡蠣、帆立、まぐろ、たこ、あさり、やりいか、さば
★★★★★
クルクミン うこん、ターメリック、カレー粉
★★★★☆

この栄養素を多く含むレシピ