元気が出るレシピ

痔を予防したい

診察を受けるのをためらうばかりに、つらい痛みを我慢しながら過ごしていませんか?そうであれば、おしりの負担を軽減させる生活を心がけ、早く元気なおしりを取り戻しましょう。まず、便秘や下痢などの便通異常を改善することが大切です。便秘の場合は便を柔らかくするために、食物繊維を多く含んだ栄養バランスのよい食事を、規則正しく食べることです。また、こまめに水分補給をしましょう。この他、腸壁や血管を強化し再生力を高めるビタミンC、血管や粘膜を丈夫にするビタミンE、毛細血管を丈夫にするビタミンP(柑橘類の白い果皮と薄皮に多く含まれる)、腸の筋肉の収縮をよくするカルシウムなどを心がけて摂りましょう。

一方、過度の飲酒や香辛料のとりすぎなどは、下痢や腸の炎症につながる可能性があるので控えましょう。この他、便意を感じたら我慢は禁物。また、強い「いきみ」は避けましょう。毎日の入浴はシャワーだけでなく、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるように。清潔を保つためだけでなく温まることで、おしりの血行が良くなり、血行不良やうっ血の予防になります。また、立ちっぱなし、座りっぱなしなど、血行不良を招く姿勢は避け、時々ストレッチをすると良いでしょう。重い物を持ち上げる動作や中腰の体勢などにも注意しましょう。精神的な要因でも便秘や下痢が引き起こされることがあります。リラックスすることも大切です。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

食物繊維 いんげん豆、おから、ライ麦、干し柿、ごぼう
★★★★★
ビタミンP みかん、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、あんず、さくらんぼ、そば、イチゴ
★★★★☆
カルシウム 牛乳、ヨーグルト、スキムミルク
★★★☆☆
ビタミンE ナッツ類、大豆、かぼちゃ、アボカド、うなぎの蒲焼き、たらこ
★★★☆☆

この栄養素を多く含むレシピ