元気が出るレシピ

ドロドロ血をサラサラに

「ドロドロ血」といっても、その原因はさまざま。コレステロールや中性脂肪が増えると、血液の粘性が高くなり血管内をスムーズに流れなくなります。

また、血糖値が高かったり、ストレス、偏食、運動不足、不規則な生活、睡眠不足などが原因でおこる代謝機能の低下や活性酸素などもドロドロ血の原因になります。まずは規則正しい生活を心がけ、食事では血液中のコレステロールや中性脂肪を多くする、魚以外の動物性脂肪は摂り過ぎないようにしましょう。一方、魚(特にイワシ・アジ・サンマなどの青魚)は、血液をサラサラにするDHAやIPAを多く含みます。野菜にはコレステロールの排泄を促す食物繊維や、コレステロールが血管壁に付くのを防ぐビタミン類が豊富に含まれています。

活性酸素を防ぐためには、キングサーモンやうなぎなどに多く含まれるビタミンEの摂取が効果的です。ビタミンE は、細胞膜のなかで活性酸素を待ち受けて、先に結びつくことで、過酸化脂質ができないように抑制します。また、加齢と共に増加する血液中のホモシステインも、活性酸素を生み出しますが、葉酸がホモシステインを必須アミノ酸の一種メチオニンに変化させるので、葉酸を多く含む食品(牛レバーや菜の花など)を積極的に取るようにしましょう。この他、血液をサラサラにするナットウキナーゼという酵素があるのは、納豆だけ。「あと一品欲しい!」というときに、ぜひ取り入れてみてください。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

ビタミンE キングサーモン、うなぎ、さんま、かぼちゃ、植物油、アーモンド
★★★★☆
ナットウキナーゼ 納豆(血液をサラサラにするナットウキナーゼという酵素があるのは、納豆だけ)
★★★★★
葉酸 牛レバー、菜の花、なばな、ほうれん草、枝豆、モロヘイヤ
★★★★☆

この栄養素を多く含むレシピ