元気が出るレシピ

足がつりやすい

突然、足がつる痛さは、相当なものですよね。

「足がつる」のは、筋肉が痙攣(けいれん)し、縮んで伸びないのが原因。高齢者や妊婦、運動選手に多くみられる症状で、一般的には寝ているときや急に体を動かしとき、寒暖の変化などで起こりやすく、運動選手の場合は、主に筋肉疲労や水分不足が原因のようです。この他、心筋梗塞、糖尿病、椎間板ヘルニア、動脈硬化、肝硬変などの病気を暗示している場合もありますので、気をつけましょう。一過性のものなら、つった部分を伸ばすようにすれば数秒で軽快しますが、頻繁に足がつる場合は、マッサージや温湿布も効果的です。

食事では、マグネシウム、カルシウム、ビタミン不足でも起こりますので、食生活を見直してみましょう。日本人はマグネシウム不足になりくいと考えられてきましたが、近年の食事では摂取量が減っている傾向が見られます。特に飲酒量の多い人は尿中に排泄されやすいので注意。また、カルシウムを摂り過ぎると、マグネシウムの排泄量が増えてしまいます。カル2・マグ1でおなじみ、摂取比率は2:1のバランスが理想。ちなみに、カルシウムの摂取源としては何と言っても乳製品が優れていますが、カルシウムの摂取を乳製品だけに頼るとカルシウム:マグネシウム比が10:1になってしまいます。大豆製品、海藻、野菜なども カルシウム、マグネシウム、ビタミン類の摂取に、おすすめの食品群です。上手に組み合わせましょう。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

マグネシウム 大豆、納豆、ひじき、わかめ、玄米、アーモンド、カシューナッツ
★★★★★
カルシウム 牛乳、わかさぎ、水菜、菜の花、モロヘイヤ、大豆製品、ひじき
★★★★★

この栄養素を多く含むレシピ