元気が出るレシピ

唾液の分泌を良くしたい

唾液(だえき)が出にくい、口の中がネバつく、口臭が気になる。そんなあなたは、もしかすると「ドライマウス」なのかもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が少なくなることで口の中が乾いた状態になる症状です。悪化すると、口臭だけではなく、味覚異常や虫歯を引き起こしたり、噛んだり飲み込んだりしにくくなるほか、会話にも差し障りが出てくるようになってしまいます。原因はさまざまですが、一般的には加齢による唾液分泌の機能低下があげられます。その他、ストレスや、糖尿病・腎臓病などの病気、薬の副作用などがあります。また、口で呼吸をしたり、軟らかい物ばかりを食べることで、あご周辺の筋力が低下することによっても唾液の分泌機能が低下します。

この他、飲酒や喫煙、などでも唾液分泌が減少します。ドライマウスを予防するには、よく噛んで食事を摂ること。また、唾液の分泌を促す酸味のある食べもので口の中を刺激したり、保湿剤配合(口がうるおう)の飴やガムを噛むのも効果的です。また、ミネラルウォーターやお茶などを携帯してこまめに飲む習慣をつけると良いでしょう。一方、クラッカーや、クッキー、トーストといったパサついた食べ物は控え目に。この他、部屋の湿度に注意し、寝るときに就寝用マスクをつけるなどもお勧めです。

この症状に必要な栄養素とそれを多く含む食材

豚レバー、鶏レバー、ひじき、アサリ、納豆、菜の花
★★★★★
ビタミンE キングサーモン、うなぎ、さんま、かぼちゃ、植物油、アーモンド
★★★★☆
βグルカン しいたけ、まいたけ、エリンギ、ひらたけ、ぶなしめじ、なめこ
★★★☆☆
βカロテン モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ、春菊、ほうれん草
★★★☆☆
ポリフェノール ブルーベリー、赤ワイン、ココア、緑茶、そば、うこん、しょうが、大豆、玄米
★★☆☆☆

この栄養素を多く含むレシピ