レッグシングルバランス

MOVIE

Step1 手をクロスし、片足を後ろに引く 両腕を胸の前で重ね、手が肩の前に触れるようにします。
両脚は腰幅に開いてから、右脚を後ろに、やや広めに引きましょう。
左膝は軽く曲がった状態になります。
ここで、全身のバランスをとってください。

ニーサイドアップ

T字バランス

手をクロスし、片足を後ろに引く 両腕を胸の前で重ね、手が肩の前に触れるようにします。両脚は腰幅に開いてから、右脚を後ろに、やや広めに引きましょう。 前脚に体重をかけ、後ろ脚を上げる 左脚に体重を預け、右脚をまっすぐ後ろに上げます。頭から一直線になるようにつま先を伸ばし、5秒間キープ。反対側も同様におこないましょう。

Step2 前脚に体重をかけ、後ろ脚を上げる 左脚に体重を預け、右脚をまっすぐ後ろに上げます。
頭から一直線になるようにつま先を伸ばし、5秒間キープ。
反対側も同様におこないましょう。
しっかりと上半身を支え、呼吸を止めずにおこないます。
後ろ脚は、あまり高く上げる必要はありません。


  • 体力の維持・向上に、骨の健康は欠かせませんが、
    どうすれば骨を丈夫にできるでしょうか。
    湯浅先生の解説

  • それぞれの体力にあわせてトレーニングメニューが選べます。
    自分の運動レベルを調べてみましょう。
      あなたのレベルをチェック

  • 骨に衝撃力が加わったり関節に刺激が与えられることで、
    「骨形成」が促され、骨は丈夫になります。
    骨を強くする運動
  • 転倒時には体重の6倍もの負荷が骨にかかります。
    それに負けない骨づくりと同時に、
    そもそも転ばない身体づくりが大切です。
    転倒を防止する運動


  • トップページへ戻ります。
    e健骨トレーニング|トップ